住宅ローンで一戸建てのマイホームを建築

私は会社に入って17年になる会社員です。私の家族は妻と中学生の娘と、小学生の息子がいる4人家族です。私たち夫婦は結婚した当初から、共働きをして一戸建ての家を建築するために、貯蓄をして来ました。そして2年前に分譲地を購入して、今年その土地に一戸建てのマイホームを、建築を考えています。私は今は建築設計事務所に、住宅設計の依頼をしています。二ヶ月くらい打ち合わせを重ねています。私は貯蓄では一戸建ての建築費が足りないので、住宅ローンを借りるために銀行へ行きました。融資の窓口で、住宅ローンの申込をしまいた。私は源泉徴収などを提出して、銀行の住宅ローンの審査を受けました。それから2週間後に、銀行から連絡が有り、住宅ローンの融資が決まりました。私は住宅ローンが借りれて安心して、住宅の建築に入れます。それから直ぐに設計士の方と最終の打ち合わせをしました。一戸建ての住宅設計は出来上がりました。その建築設計図はとても良く、私たちの考えを取り入れてくれた、とても良い建築設計になっていました。

192

不動産の一戸建ての家に住む道のり

最近、都内では建売住宅が人気のようです。地方都市ならそんなに土地探しに苦労をすることもないのかと思いますが、土地の少ない都内では土地の値段がばかになりません。土地から購入して上ものを・・なんてやっていたらお金がいくらあっても足りません。実際、我が家もマイホーム購入で検討しているのは建売住宅です。不動産屋さんがそれなりに広い土地を一括買い上げしていくつかの区画に分けて販売しています。なので一から建てるよりもはるかにお買い得な値段になっています。 親から相続したり贈与を受けたりすれば、土地から探すことはありませんが、全くこのような事がない場合には、土地から探さなければなりません。ご近所付き合いや買い物に便利なところ、子供がいる場合には、保育所や学校が近いところなど、色々と考えながら、探していかなければなりません。次に、建物ですが、一戸建ての家といっていも、設計士と一緒に、一から図面を作成して建てていく家もあれば、ある程度、決まっていて、多少の配置やクロスの色等を決めることが出来る家・既に出来上がっている家等があります。私の場合、「これぞ一戸建ての家を建てました」というような、土地から探し、設計士の人を探し、一から図面を作成して家を建てました。そのため、家が建つまでに3年の年月を要しました。まず、土地がなかなか良い所がなかったため、土地決めだけで、1年かかりました。そこから建築事務所などを回り、設計士さんに自分たちの希望や予算を伝えたりして設計図を起こしてもらうなど、本当に一からすべて行ったので時間もお金もそれなりにかかってしまいました。ですが、わたし的には建売のようにあらかじめ決められた間取りを購入するという考えは毛頭なかったので、いろいろと大変だったけれどその分愛着もありますし、とても満足しています。

Copyright ©All rights reserved.住宅ローンで一戸建てのマイホームを建築.